ベジョテラ社:BELLOTERA

ベジョテラ社:BELLOTERA

ベジョテラ社はアンダルシアのコルドバ県北部に位置するロス・ペドロチェス地方に属しています。この地域は世界で樫の木(ドングリ)が最も多く生い茂る地域であり、天然の糖質をたっぷり含んだ潤沢なドングリを食べるイベリコ豚が非常に安定して生産されています。

ベジョテラ社イメージ

ベジョテラ社イメージ

ベジョテラ社の塩漬け室(写真右)
床置き式の場合は、一本一本積み上げていくため、非常に手間はかかります。しかしその分、塩漬け量のコントロールがし易いため、味の微調整が可能となっています。このあたりも生ハムを大事に作ろうとしているこだわりが伺えます。

ベジョテラ社イメージ

生ハムの原料となるイベリコ豚は全てがこのロス・ペドロチェス地方で生産されている豚を使っています。
それは厳しく統一された基準で生産された、イベリコ豚が生ハムになる際の質の維持に繋がっているからです。そしてハムとして製造するときも一本一本、状態を見ながら熟成管理をしていくとお話されています。
(写真:社長のミゲル氏)

これまで2008年から2010年、2012年に「PEDROCHES OB BEST HAM」を受賞。
その他、複数の工場および生産品の保障規格を所持しています。